ジェイ アール サイバー ステーション。 連結子会社|JR東海

と、制限点が多い。

) は、の情報通信事業者。 センター内部にはかつてマルスのホストコンピュータが置かれ、全国のJRグループの指定座席の情報が一元化されていたが、現在は大規模災害対策の一環として、別の場所にあるデータセンターに移されており、その監視業務を行うにとどまっている。 「みどりの窓口」設置駅そのものの減少や、営業時間短縮などとともに、設置数が増加している。 センターの屋上には、2017年3月まで赤い大きな電波塔が建っていた。 車両形式• 正式名称が発表されるまでは「システム会社」と仮称されていた。
98

また、は使えるが、は使えない(インターネット経由のはCYBER EXPRESSで読み出さなければならなかった)、ユーザー独自の()スペースがない代わりに、メンバーズスクウェアというをアップロードして公開する的サービスがあるなど、特殊色も強かった。

(61年)• オンライン決済ができない。

JRシステム 本社 中央システムセンター 支社・営業所・事務所 本社 [ ]• 予約・受取そのものが発車日2日前まで。

JRシステム本社が入居する 市場情報 非上場 略称 JRシステム 本社所在地 〒151-8578 代々木二丁目2番2号 設立 (昭和61年) 事業内容 情報通信事業 他 代表者 代表取締役社長 本多 博隆 資本金 10億円 売上高 323億6700万円(2021年03月31日時点) 営業利益 6億6500万円(2021年03月31日時点) 経常利益 7億7100万円(2021年03月31日時点) 純利益 4億6300万円(2021年03月31日時点) 純資産 116億0700万円(2021年03月31日時点) 総資産 401億4700万円(2021年03月31日時点) 従業員数 590人(2016年3月現在) 決算期 3月末日 主要株主 21. 北海道営業所• 時差通勤等、ご乗車の際の参考としてご活用ください。

所在地:東京都1-47-4• 「みどりの窓口」設置駅そのものの減少や、営業時間短縮などとともに、設置数が増加している。

に、「」をはじめとするの運用・管理業務を(国鉄)から承継し、企業となった。

企業理念 [ ] JRシステムは「豊かで快適な社会」の形成に貢献します• 継承当初はJR貨物の管理を行う「エポックス」、車扱貨物の管理を行う「フォックス」も扱っていた。

信頼性の高い最良のサービスを提供します。

68