タフト コンセプト。 ライバルとは異なる「ダイハツらしさを」新型SUV「タフトコンセプト」デザイナーインタビュー

サイドビューランプ 夜間の右左折時、通常のヘッドランプに加え、左右方向を照らす補助灯を追加点灯させること で、ステアリングを切った方向を明るく照射。 詳細はまだ申し上げられませんが、積載性や車中泊などを考慮した多様なシートアレンジも有しています。 窪みに取り付けられたワイパー。 現在開催中の「バーチャルオートサロン2021」。 いかにもSUVらしい色調が、タフトのラギッドなボディスタイルにピッタリとマッチしています。 ダイハツ コペン スパイダー Ver. タントで新開発されたDNGAプラットフォームをベースに660ccのターボエンジンを搭載。 今回はその中から軽クロスオーバーモデルとして昨年登場した「タフト」をベースにしたコンセプトカー「クロスフィールドVer. どことなく愛嬌を感じさせるハスラーに対し、こちらはタフなアウトドアのツールといった風情だ。 サイドのデカールは特注で、光を当てると魚や昆虫が浮き出て来ます。 「Tough&Almighty Fun Tool」というコンセプトの頭文字を取って名付けられた軽クロスオーバーSUVで、今年の年央発売というからオリンピック前には姿を見せそうだ。 「道具感」や「コクピット感」を意識してデザインされており、ターゲットである男性ユーザーがストレートに表現されています。
4
これもオーナーに「ワクワクしてもらいたい」という開発陣の思いが込められたポイントです。 ラゲッジ床面のデッキボードなどの素材を樹脂製を使用しているので雪や泥で汚れた荷物も気兼ねなく載せることが可能だ。 そして乗り込めば室内の広さに納得である。 サスペンションアレンジ最優先の設計と、曲げ剛性の向上やハイテン材の活用・構造合理化によりボディ構造全体の軽量化が図られた新プラットフォーム「 DNGA-Aプラットフォーム」である。 下部にはアンダーガードのような造形が盛り込まれており、タフな印象を見るものに与えます。 だが今回のタフトは、それに負けない迫力を纏う事に成功している。 車線逸脱抑制制御機能 走行中、ウインカーなしで車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内表示でドライバーに警告し、操作を促す。
12
ダイハツ ハイゼットトラック キャンパー Ver. その名は「タフト コンセプト」といいますが、どのようなモデルなのでしょうか。 ダイハツブース ハイゼットトラック 東京オートサロン2020• ダイハツブース ハイゼットトラック 東京オートサロン2020• レーンキープコントロール 車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト。 これも昨今のアウトドアブームと相まって人気のアイテムだが、タフト用(オプション)として近日登場とのこと。 ダイハツ ハイゼットトラック キャンパー Ver. ウィークデーから、週末のレジャーまで、アクティブに使い倒せるクロスオーバーとして、遊びの世界を広げてくれる一台になりそうだ。 縦型スリットが設けられたメッキのグリルも特徴です。 それがルーフキャリアだ。 ダイハツの軽自動車では初採用とのこと。 精緻なインテリアが現実味を帯びていた。 ----:このクルマの一番のこだわりは何でしょう。
22