ヘンダーソン 14 項目。 ヘンダーソンのニード論で看護アセスメントをするとは:アセスメントの具体的方法|「デキる看護師になる為の看護実習が100倍充実する学び方・教え方」ユアナーシング

役割-関係 適切に他者との関係を築けるか 適切に 他者との関係を築けるか 疾病・治療による役割への影響はどうか 家庭での役割と関係は適切か 職場での役割と関係は適切か 地域での役割と関係は適切か 9. 看護師は患者の体位を変える自分を助けてくれる誰かを教えることもできねばならず、最終的には患者がしかるべき時点で、神経運動系の自立を進めていけるよう援助できねばならない。 皮膚・毛髪・爪・鼻・口腔・歯・耳等• 看護師が呼吸のありようを正確に観察することは非常に重要である。 最初から、完璧を求めて考えすぎちゃうと書けなくなってしまうので、まずは文章を書いてみるといいと思います。 しかしながら、適切に優先順位をつけられるということは、患者を綿密にアセスメントができるということであり、各問題に対するリスクを多角的に把握できるということでもあります。 そうするためには患者をしっかりアセスメントする必要があり、綿密なアセスメントなくして適切に看護問題を抽出することは不可能です。
31 43