祝祭 sumika。 「祝祭」sumikaの歌詞の意味とは?CMソングにも起用!

不安や緊張を乗り越えるきっかけとなるようなCMとなっており、sumikaのライブ映像も使用されています。 ライブで生演奏が聞ける日が楽しみだ~! ということで、歌詞考察に入ります。 自分で選んだ好きな事だから、失敗にも価値が生まれます。 sumikaが3月3日に発売のサード・フルアルバム『AMUSIC』より、リード曲であり「森永製菓 受験に inゼリー2021 CMソング」として先行配信中の「祝祭」のミュージック・ビデオを公開した。 この時にやっと会いたかった相手と出会うことができるのです。 また、アルバムに収録される新曲「祝祭」が、ゼリー飲料「inゼリー」の新TV-CM~その緊張を、エネルギーに。
でも天気が変わっていくように、日々は変わっていくのです。 もし虹を見るような時がきたのなら、新しい世界を見つけることができるのです。 今ここから歩いていくことができるのなら、迷っている時間などないのです。 ちょっと笑えてしまうぐらいの方がいいかもしれない。 苦しい日々は続かない 苦しい日々の中、いつになれば明るい時間が訪れるのか不安になる時も。 開けた道には自分が想像もしていなかったような世界が広がっていて = 『新世界』 、それと同時に今までと違う新たな自分 = 『君』 に出会ったと考えられます。
34