外 陰部 痒み。 【医師監修】陰部のかゆみとともに血が!これって何かの病気?

また膣カンジダの治療期間中には注意しておくべきことが何点かあります。 膣カンジダの症状が強い間はタオルの共用は控えてください 外陰部(びらびら)の痒みが強いからといって掻き崩さないこと 搔き崩した指から他の部分に感染するケースもある上に、外陰部に傷がつくことで膣カンジダの症状が悪化します 入浴時に外陰部の石鹸でゴシゴシと強く洗いすぎないこと 刺激により炎症がひどくなるだけでなく本来は皮膚を保護するその他の常在菌を洗い流してしまいます。 またこれらの病原体にとって、高温多湿になりやすく、えさとなる皮脂や汚れがたまりやすいデリケートゾーンは、繁殖するのにうってつけの環境です。 ステロイドの使用• どの年代の女性にも起きることがありますが、20歳~40歳では感染性の外陰炎が比較的多く、後では接触性の外陰炎が増加してくると考えられます。 また自分でもできるケアもあるのでご紹介します。 日中は補正下着で締め付けることの多い方でも、その分、 夜は締め付けないタイプの下着を選ぶなど、できる工夫をしましょう。
16