丸の内 サデ スティック 歌詞 意味。 丸の内サディスティック 歌詞「椎名林檎」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

この楽曲はデビュー前、椎名がにしていた際にので作られたもので、仮歌詞の段階では全てであったが、発表するにあたって仮歌詞の語感を活かしたに変更している。

87

丸の内サディスティックの歌詞は、 ''ベンジーにまつわる言葉の羅列" 個人的にはこれが濃厚なのではないかと思います。

果たしてそんな名曲の歌詞はどのようなものなのでしょうか? 早速、歌詞考察を行ってまいります。

つまりこのパートの歌詞をまとめると主人公は入社後、音楽関連の言葉でいくと事務所契約後、なかなか報酬が上がらず、なんとはなしに不満を東京に抱えながら生きる女性ギタリストということですね。

ちなみに金額は19万から20万くらい。

でもハイトーンの最強美声だからだこそ、バンドサウンドじゃなくて、電子音楽で構成されてるかもしれないですね。

さあ思う存分、生命を謳歌しよう。

やはりここは『丸の内サディスティック』(以下『丸の内』)でしょう。

それでは最後に、もう一度聴いてください。

72

椎名林檎も初期の頃に使っていたそうです。

当ブログでは「移動ド」を前提としてお話しています。

暗いコードに明るいメロディーを乗せる。

後楽園でプッシャーもしくは知り合いから買ってます。

『青』は成熟してない林檎自身を指し、『噛んで』は、そんな熟してない林檎自身を噛んで。

映画『グローイング・アップ』の主人公ベンジー少年に似ていると、同じバンドのベーシストである照井利幸に名付けられベンジーという愛称になったそう。

ベンジー以外のものは価値がないように感じ、その厭世からトリップしたいんでしょうか。

「肺に映ってトリップ」=「心に思い浮かんできてしまう、同じ機材使ってるんだわ、イッちゃいそう!」という事でしょうか。

個人的にも大好きなアーティストです。

77