ベランダ ガーデニング。 ベランダガーデニングは初心者でもOK!育てやすい植物や注意点

ミニといえども、放っておけば普通サイズやビックサイズになります。

植物にとってベランダの環境が適しているか確かめるコツは、買ったばかりのときに写真を撮っておくことです。

ベランダガーデニングをする上での注意点 マンションのベランダは、災害時などの避難経路として他の居住者も利用できるように、共用部となっていることがほとんどです。

また、ベランダに限らずですが、植物を置くとそれ目当てでやってくる虫や鳥問題がつきものです。

なお、冬場など夜間に気温が下がるときは、段ボール箱などで植物を覆うと寒さを防ぐことができます。

60㎝くらいの横長プランターなら3株とも違う種類を植えておけばサラダが華やかになります。

たとえば縦に伸びるツタ系の植物を置けば、プランターが小さくても緑の面積を増やせます。

風水を環境学(学問)として捉え、風水・気学・家相学などを30年以上にわたり研究。

96
また、つる植物を使ってグリーンカーテンを作るのも良いでしょう。 マンションのベランダで、ガーデニングを楽しむコツをご紹介します。 特に以下の項目を確認してみてください。 エアコンの室外機を活用する ガーデニングの邪魔になってしまうエアコンの室外機には、カバーをかけてみましょう。 マンションやアパートの管理規約 マンションやアパートのベランダはその部屋に住む住人専用のものと思われがちですが、火災などの非常時は避難経路として使用される共用部分になります。 【参考サイト】 このようなことからベランダガーデニングを行うときは、高温になりやすいコンクリートの上に直接鉢やプランターを置くのを避けるようにしましょう。 下:大型木製室外機カバー WSC-990• ベランダは緊急時の避難通路。 最後に、アジュガは寒さに強く、日陰でもよく育つ点が特徴です。
26
ベランダに水を流せない場合は、水拭きするだけでも構いません 鉢カバーは必ずしも『植木鉢カバー』と呼ばれるものを使う必要はなし
例えば物干し竿などにかけたりすると洗濯などの家事も楽しくなりますね 近年はフェイクのものが100均などでも販売されており、女子の間でも大人気です
例えば、「ハーブを育てて香りを楽しみたい」や「子どもと一緒にトマトを収穫したい」でいいんです 雰囲気を変える際も便利です(避難経路は塞がないなど、お住まいの建物の管理規約に準じ、該当する場所は避けてデコレーションをしましょう)
さまざまなイベントにてコーディネートやワークショップを担当 また、シソはプランターを使っても栽培することができます
マンションの周りの方の迷惑にならない程度に楽しんでくださいね! 始めるために何を揃えればよいか? ベランダガーデニングを始めるにあたって、最初に揃えるべきものは、鉢、スコップ、ジョウロ、園芸用鉢底ネット、土、種です 我が家は、手すりに固定することができましたが、手すりがコンクリートなどで、固定できない場合は、床置きタイプのものもあります
直径35㎝、深さ50㎝の大型・深鉢なら背の高くなる野菜はもちろん、土の部分を25~30㎝ほど残すように多めに鉢底石を入れて底上げすれば、深さのあまり必要ない葉物野菜も水はけよく使用できます 最低限この6点があれば大丈夫です
マンションのベランダで必ずある避難はしごを設置する床面や、ハッチなどの開口部 ただ、1年目は収穫せず株を大きくした方が良いでしょう
直径30㎝、深さ50㎝以上の大型プランターに1本、苗はゴールデンウィーク頃に植えつけます マンションに共同庭などがあり、そこに土を捨てられるようであれば扱いは楽でしょう
たくさんの品種がありますが、プランター栽培では20~25㎝ほどの短形品種がおすすめ 肥料の注意 ベランダガーデニングには化成肥料を使いましょう
(経験的には古土を再利用したとしてもおおむね半分の古土はゴミになります 4月中旬~10月中旬頃まで種まきできますが、とくに9月、10月まきは育てやすくておすすめです
8