山猫 珈琲 店。 車窓に見える一瞬ごとの夢 『山猫珈琲店』

暗い道を一人きり歩く自分の傍らを、光を宿して走り抜ける電車は、私を置いてきぼりにするものに思え、夜道を一人で歩くことに一層の寂しさを加える存在だったように思う こんな気持ちを以前にもどこかで感じたな、と歩きながら考えていて、それが井の頭公園駅から三鷹台の駅に繋がる川沿いの歩道を歩いた時の記憶だと合点する
この店を初めて見かけたのは、もう何年前になるだろう 反対に、電車の中から見下ろした時は、川沿いに緩やかに伸びる歩道を歩く人たちを、私は少し羨ましく見下ろしていた
たくさんのコメントお待ちしております 神田ぶれんどは酸味がなく苦目の珈琲でした
ジャズバンドが番組に呼ばれ、『ひょっこりひょうたん島』の音楽を演奏している お気軽にフォローしてください! またさかうぇいと一緒に巡りたいという方
山猫珈琲店のマスターはの創設時のメンバーの一人で、焙煎やドリップはすべて十一房珈琲で修行をされたもの お友達も大募集しています!! SNS コメント欄ではあなたのおすすめのお店を教えていただけるとさかうぇいがお邪魔して投稿します
10

自家焙煎の豆を丁寧にネルで抽出してくれるコーヒーをじっくり楽しめます。

私がそこを訪れた時には、周囲はもう日が暮れて薄暗くなっていた。

3s ease-in-out;-moz-transition:all. 書こうと思えばどこでも書けるかもしれないけれど、相手が私のために便箋や葉書を選び、ペンを取って、一人の時間を注いでくれたものを返すには、私も同等の丁寧さを用意する必要がある。

白いカップに注がれた珈琲は、丸い印象ながら重みを帯びて、普段飲む中でもとりわけて美味しいと思わせられる部類のものだった。

ジャズがかかっていて雰囲気も素敵です。

97