ピーエイ 配合 錠 効か ない。 医師がのまない総合感冒薬、PL配合顆粒は注意が必要|NEWSポストセブン

• 錠剤と粉薬は、有効成分量が同じであれば、同等の効果を期待することができます。 重要な基本的注意• アレルギー薬を使用する際は、医師や薬剤師に相談して、慎重に購入した方がよさそうだ。 昏睡状態の患者又はバルビツール酸誘導体・麻酔剤等の中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者[本剤中のプロメタジンメチレンジサリチル酸塩は、昏睡状態の増強・持続、中枢神経抑制作用の増強や麻酔剤の作用時間の延長を来す恐れがある]。 また、他の薬と併用して副作用が出ないか、慎重にならざるを得ません」 都内の総合病院で内科医として勤務する医師は「なかでも『PL配合顆粒』は注意が必要」と言う。 発疹、むくみ、動悸。 風邪または上気道炎の症状の緩和のために処方されます。 私はこれでよかったのでしょうか。 そこでかぜ薬セットを出してもらったうちの1つに、ピーエイ配合錠がありました。 • 上気道炎の鼻汁の緩和• [シクロオキシゲナーゼ阻害剤 経口剤、坐剤 を妊婦に使用し、胎児の腎機能障害及び尿量減少、それに伴う羊水過少症が起きたとの報告がある。
55
スポンサーリンク 関連記事. 【注意する人】 鎮痛薬や解熱薬で喘息を起こしたことのある人は飲んではいけません(アスピリン喘息の人) 各成分の薬効は以下です
間質性腎炎、急性腎障害 いずれも頻度不明 :間質性腎炎、急性腎障害が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う • 「市販の安い点鼻薬を長期的に使い続けると、かえって症状が悪化する場合があります
5.降圧剤[相互に降圧作用を増強することがあるので、減量するなど慎重に投与する(プロメタジンメチレンジサリチル酸塩は降圧作用を有する)] とくに妊娠初期と後期の長期連用は避けたほうが無難です
服用中の薬は忘れずに医師に報告しておきましょう 出血傾向のある患者[本剤中のサリチルアミドにより血小板機能異常を起こす恐れがある]
• 総合感冒剤や解熱鎮痛剤等の配合剤には、アセトアミノフェンを含むものがあり、本剤とアセトアミノフェン又はその配合剤との偶発的な併用により、アセトアミノフェンの過量投与による重篤な肝障害が発現する恐れがある 配合成分のカフェインが母乳中に移行しやすいだめです
アルコール[相互に中枢神経抑制作用を増強することがある プロメタジンメチレンジサリチル酸塩は中枢神経抑制作用を有する ] たしかに、風邪をひいて何をのめばいいかわからない人にとってみれば、選びやすく、ありがたいかもしれません
他に 倦怠感(だるさ)もあります この副作用は、副作用を感じる方と全く症状がでない方と大きな個人差があるため、 初めてピーエイ配合錠を飲む際は、寝る前に服用し、薬の効き方や副作用の強さを確認されることをおすすめしています
安全性が高く、穏やかに作用します 閉塞隅角緑内障の患者〔本剤中のプロメタジンメチレンジサリチル酸塩が有する抗コリン作用により眼圧が上昇し,症状を悪化させることがある.〕• サリチル酸系製剤の使用実態は我が国と異なるものの、米国においてサリチル酸系製剤とライ症候群との関連性を示す疫学調査報告があるので、本剤を15歳未満の水痘、15歳未満のインフルエンザの患者に投与しないことを原則とするが、やむを得ず投与する場合には、慎重に投与し、投与後の患者の状態を十分に観察する[ライ症候群:小児において極めてまれに水痘、インフルエンザ等のウイルス性疾患の先行後、激しい嘔吐、意識障害、痙攣 急性脳浮腫 と肝臓ほか諸臓器の脂肪沈着、ミトコンドリア変形、AST GOT ・ALT GPT ・LDH・CK CPK の急激な上昇、高アンモニア血症、低プロトロンビン血症、低血糖等の症状が短期間に発現する高死亡率の病態である]
6.抗コリン作用を有する薬剤(フェノチアジン系化合物、三環系抗うつ剤等)[<臨床症状>相互に抗コリン作用を増強することがあり、更には、腸管麻痺(食欲不振、悪心・嘔吐、著しい便秘、腹部の膨満あるいは腹部の弛緩及び腸内容物のうっ滞等の症状)を来し、麻痺性イレウスに移行することがある(なお、この悪心・嘔吐は、本剤及び他のフェノチアジン系化合物等の制吐作用により不顕性化することもあるので注意する);<措置方法>減量するなど慎重に投与し、また、腸管麻痺が現れた場合には投与を中止する(プロメタジンメチレンジサリチル酸塩は抗コリン作用を有する)] 乳児突然死症候群 SIDS 、乳児睡眠時無呼吸発作 いずれも頻度不明 :プロメタジン製剤を小児 特に2歳未満 に投与した場合、乳児突然死症候群 SIDS 及び乳児睡眠時無呼吸発作が現れたとの報告がある