シャチハタ インク 交換。 シャチハタの寿命は?インクはどれくらいもつか?

シャチハタのインクを補充する際には、必ず使用しているシャチハタに適したインクを選んで補充することをおすすめします シャチハタの補充をしても印影が薄い理由 シャチハタのインクを補充した後でも印影が薄いのはいくつかの原因があります
異なるインキを混用しますと使用できなくなる場合もあります ・ご使用になっている商品の取り扱い説明書をよくお読みください
ネーム9 印面を下にして12時間放置した後、捺印した印影が極端に薄いときがインクを交換する目安となります それから、汚れを取る際に ガムテープなどセロハンテープ以外のテープを使うこともおすすめしません
インクの補充だけでなく、ときどきは、分解して、印面(はんこの文字の部分)やシャッター部分のお掃除をしておくと良いかもしれませんね 黒いカートリッジを引き抜きます
【シャチハタインクの補充・交換方法】• こんにちは! 今日も元気にシャチハタネーム印を使ってますか? はい、あなたのシャチハタネーム印を、今すぐ目の前に用意してください 12時間経過後も捺印の印影が薄いようであれば、そのシャチハタはインクの補充のタイミングです
まとめ 私は先日、通販でネーム9を買ったばかりですので、シャチハタがどれくらいもつか、寿命に興味があり調べました 当メディアが調査したところ、シャチハタで有名なシャチハタ株式会社のシャチハタは、インクを繰り返して補充していくことで、 100,000回も使用することができます
メーカーの公式サイトでは、ゴムの経年劣化により、7~10年が寿命という記載があります 約10万回押印できるとすると、1日10回使っても27年使える計算になりますので、経年劣化を考慮しなければ、かなり使えることになりますね
100円均一の補充用インクは安いといっても、シャチハタ本体を傷めてしまうようではあまり使いたくないですよね? でも、シャチハタの補充用インクってどのくらいの値段で販売されているのでしょうか?実はシャチハタの純正補充用インキは、思いの外安く購入する事ができるんです 交換用(左)、購入時(右)
補充インキのノズルに付着した余分なインキをティッシュペーパー等で拭き取ってから、キャップを締めてください ただし、この時には 汚れをしっかり落とそうと思ってあまり強く押し付けてしまうと逆効果
それは粘着テープにハンコを押すと一発で目詰まりが取れてすっきりするもの!針でチマチマ掘るのが好きな人もいましたが、テープは主流でした (使用状況、保管状況などに大きく影響されます
16

シャッター部分(透明なパーツの部分)のロックを外す(透明な部分、本体に入っているラインを合わせる)と簡単に引き抜くことができます。

もちろん、シャチハタには100円均一で販売されている補充用インクを使用しても普通に使えることもあります。

さて、シャチハタユーザーの皆様、改めましてこんにちは。

私が大手のネット通販サイトを調査したところ、代表的なシャチハタの「ネーム9」の純正インクは、 カートリッジが2本入って290円と、かなり安い値段で手に入れることができました。

なので、名前が変わったりして、お気に入りのボディに新しい印面を取り付けたいな〜と思っても、できないんですね。

書類の確認印 などとして便利なシャチハタは、ご家族に1本・会社などでは個人に1本持っているという方も多いと思います。

どんな印鑑であってもせっかく購入したのであれば、なるべく長く大切に使っていきたい。

印面が特殊なゴムでできていて、内蔵のインクが染みて捺印することができます。

シャチハタはインクを補充してもすぐに今まで通り使えるわけではないのです。

シャチハタの印面の汚れを取る方法は意外なほど簡単、用意するものもお手軽です。

97 32