総合 周 産 期 母子 医療 センター。 総合周産期母子医療センターについて

長野県 [ ]• 福井県 [ ]• 参照 一般的な産婦人科医院との違い 一般的な産婦人科医院では、「出産」に対する処置と新生児を診ます。

平成16年度には、47都道府県すべてにネットワークができることが、目標としてかかげられています。

現在 北海道 [ ]• 母児双方の側面から情報交換し、母児の愛着形成の促進と退院後の生活を見据えた育児指導や地域連携をおこなっています。

山口県 [ ]• 群馬県 [ ]• 附属病院の4階南側に位置し、新生児を管理する9床のNICU、12床のGCUがあります。

当センターは大学病院の機能を生かし、周産期医療部門、生殖医療部門は産科チームを中心に、内科系・外科系・精神系の各診療科と連携し、母体、胎児に高度医療を提供しています。

主な疾患と年齢層• 主な治療体制 [ ] 周産期センターには以下の治療体制が整えられている。

看護師数• 今まで山形県の周産期医療は山形大学病院、山形済生病院、鶴岡市立荘内病院と山形県立中央病院で協力し行ってきました。

さらにNICUと協力して24時間体制でハイリスク妊娠の受け入れに対応しており、2019年には120例の母体搬送を受け入れました。

(周産期医療三次医療施設)• 宮城県 [ ]• 県内各病院からの母体搬送数は、平成30年度は68例、令和元年度は57例でした。

県内にいくつもない総合周産期母子医療センターを助ける存在です。

42

鹿児島県 [ ]• 平成22年4月より産科の集中治療室を設けており、母体胎児集 中治療室(MFICU)と呼びます。

また、婦人科との協力の下、24時間体制で腹腔鏡下異所性妊娠手術を行うほか、子宮頸管妊娠の子宮温存治療法にも取り組んでいます。

県内唯一の総合周産期母子センターとして、また、地域産科・新生児科救急の基幹病院として、お母さんと赤ちゃんの双方に対して安全と快適さを提供し、地域の母親となられる皆さんが妊娠・分娩・産褥を通じて安心できる周産期医療を保証し、展開できるようスタッフ一同努力しています。

長崎県 [ ]• たとえば、難しい赤ちゃんが診られる病院は小児専門の病院で、産科がなかったりするのです。

合わせて読みたい 周産期母子医療センター|総合・地域の違い 周産期母子医療センターは、2018年4月現在で全国に406施設ありますが、総合・地域と大きく二つにわけられます。

妊娠し、その後の出産を考えた場合、まず考えるのが産院選び。

・周産期医療の基幹病院として24時間体制で地域からの母体搬送を受け入れ、ハイリスク妊産褥婦への医療提供をおこなっています。

ハイリスク妊娠から出生する新生児は出生時に子宮内発育遅滞や呼吸障害、循環不全など多くの合併症がみられます。

39