ジーン コリニー。 グリーン・ワイアット (ぐりーんわいあっと)とは【ピクシブ百科事典】

その時は駐留艦隊と合流して迎撃せよ。

ティターンズの支援によってその傾向は顕著となり、ニュータイプ研究所を中心とした及び強化人間専用機の開発も活発化していた。

ろくな補給も見込めない潜伏生活で3年間基地を維持し、基地内の人員を掌握していたことから、彼の指揮官としての実力の高さ及び人望の厚さがうかがえる。

基本的に佐官以上の軍人は士官学校を出ているのが条件(そのため、アムロの最終階級は大尉)。

「を無事打ち上げることができMSを失えば基地としての役割が終わる」とするビッターの命令を受け連邦軍に白旗を掲げて基地ごと降伏する。

漫画『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』では、がメガ粒子砲に破壊工作を行ったため、マニュアル操作でHLVを狙撃するも失敗に終わる。

ジャブロー防衛戦後にに新たに配属されたパイロット。

それ以降大規模な紛争や事件は起きる事はなかったものの、宇宙世紀0120年~0122年にかけてが武装蜂起。

ソロモン攻略戦で戦死。

漫画『機動戦士ガンダム0083 REBELLION』では、ソーラ・システムII照射の際にシーマのの盾となるようリリー・マルレーンを指揮し、艦と運命をともにする。

39
一年戦争時の宇宙軍中将。 このフィフス・ルナは小惑星基地ペズンのようにMS生産工場を有していない。 デラーズ紛争直前に行われたガンダム開発計画によって誕生したのパイロット。 30バンチ事件など数々の残虐な作戦を行った。 11 ハマーン・カーン、ミネバ・ザビの摂政に就任。 組織の歴史 [ ] 宇宙世紀改暦~ジオン共和国建国 [ ] 宇宙世紀改暦前、に設立間もない宇宙軍が配備。 更には情報部の助けを借りて、 ワイアットは月面とサイド6でも策謀を進めている。
ペガサス級強襲揚陸艦『スパルタン』の艦長。 地球連邦軍第16独立戦隊旗艦「サラブレッド」隊のMSパイロット。 一年戦争後 [ ] ジオンに勝利した連邦は、各地に潜伏するの蜂起に備え、接収したジオン系装備も取り込みつつ戦争で失った軍備を再編。 その一方、副官のヴァール大尉を通じて部下達に、HLV射出成功後は連邦軍へ投降するよう命令。 コロニー駐留軍、月面駐留軍、独立機動軍に大分され、内、コロニー駐留軍は各サイド軍とルナツー駐留軍、独立機動軍は各方面軍と外周警備艦隊に分けられている。 シーマとその海兵隊はデラーズ紛争後には連邦軍との密約通り、が結成するの特殊部隊入隊への誘いがかけられるも、再び汚れ仕事を背負わされることを懸念し、海兵隊と共に行方不明となっている。 指揮官はバーバリーであるが、4月26日にヨーロッパ戦線マリアージュでの部隊と交戦し、隊の皆と共に全滅している。 艦隊のカラーリングはリリー・マルレーンの黒以外は全てカーキで統一されている。 これは原作でジャミトフ自身が抱いている 「アースノイドの粛清による地球再生」「腐った連邦軍上層部の排除」を思わせる描写が劇中に存在しない為である。 0083に登場。
76