ブラック ペアン 10 話。 「ブラックペアン」最終回(第10話)ネタバレ 感想~ペアンでないとダメですか?

モニター室に入った藤原は、飯沼のオペを始めようとしている渡海たちの姿を見て、 「何てことを!!」 そう言い、マイクで伝えようとしたところ、木下が止めた。

そう話した場所で座っていた渡海は 「地獄に落とすか」 と立ち上がった。

ペアンのことが露呈したってんのに、なんでペアンを取り出す手術をしなかったんだっけ? なんで放置してたんだっけ? そもそもあんな でかい ペアンが心臓に入るか・・・? そして今回のオペでもペアンを入れる。

外回りは私がすべてやります!」 猫田は器具を受け取り、手術は再開した。

ただ人を救え。

飯沼達次にペアンの事を話すが 病院へ着くと渡海は飯沼達次のいる特別室へ。

理事長選前日、佐伯教授(内野聖陽)は倒れたものの応急処置をして、世良(竹内涼真)の目を盗んで東城医大に帰ったニノ。

(渡海は香織に飯沼達次さんの情報収集を依頼したり陰で力になってもらっていた。

46
倒れた佐伯教授(内野聖陽)の緊急手術を行った渡海(二宮和也)。 O 20代・男性• その後、アフリカに旅立つ。 ただ、リアリティーの追求といって、1時間心臓手術の映像を流したところで、1針1針にかける我々の魂は伝わらず、ただグロテスクなだけで、何も生まれません。 高階は飯沼の状況を聞こうとしますが、教授命令で教えられないと藤原に断られてしまいます。 そしてその団体に、最近1000万の寄付金があったと言う木下。 佐伯の手術が始まったが、出血が酷かった。 内野聖陽を恨むことで成長するニノ。 「地獄の扉を開けたな。 黒崎から世良と一緒の部屋にいると聞き、安心する。 ニノ父は黙って立ち去るのではなく、ちゃんと事実を伝えれば良かったのに。
57