超 チート な おっさん が 異 世界 無双 する 話。 この素晴らしい異世界でチートらしいチートを貰わずに微妙なチートで神様転生して無双するテニスプレイヤーとかいう謎の職業に就いた勇者も魔王も超越する常識を置き去りにした強すぎる超次元スポーツ男に祝福を!?

21
それは、俺にとってはついさっきの出来事 絶対頭に駄が付く類いの女神だろう
こう見えても俺は中学や高校時代は全国クラスのテニスプレイヤーで、それはもう数々の激闘を繰り広げた物だ どこか悔しそうな感情が垣間見えるのは、気のせいだろうか
キツネビを抱きしめるシエルの姿は微笑ましい感じだった どうせ送るなら、若くして死んだ未練タラタラな人なんかを、肉体と記憶はそのままで送ってあげようって事になったの
神に会ったなんて記憶はないし、場所は……「森! 空手の強さだけが、取り柄だった 許可をするとアフロディーテは勢いよく俺の体に抱き付いた
「あっぶねぇ……! ありがとうサーシャ!」 牽制の矢を射放ってくれたのはもちろんサーシャだ ただ、不思議そうに首をかしげている
かと言って天国もなんかアレだから、もう記憶消しても良いから赤ちゃんからスタートさせてくれ それを一蹴された
だから問題は、無防備な空中でのほんの数秒の時間だけ
83
俺は、お前に手も足も出なかった男だ 読了時間:約8分(3,535文字)• 魔王を討ち倒す為旅立つのです
あまりにも、惨めだった 多少は身に覚えのあることだったからだ
だがな ま、そんな女神でも、彼女の言葉を聞き、改めて自分が死んだ事を自覚した
異世界の人達は即戦力になる人がやってくる この作品は、一言で言うならとにかく俺TUEEEの極み作品です
あまり言われたことないな 死んだんだからもう食べ物は必要ないし、死んでるんだから、物は当然生まれないわ
これはサラリーマンを続けながら異世界を満喫する、普通のおっさんのお話 「キツネビですか
69