マリー ケ フェル フール ト。 マリーケ・フェルフールト

それは、自身の命を通して得た信念に基づく、魂のメッセージだ マリーケ・フェルフールトさんは元々輝かしい成績をおさめたパラリンピアンとして注目を集めたが、それ以上に彼女がメディアで取り上げられるようになったのは、引退後の「安楽死の準備を整えた」と公表したことがきっかけになっている
脊髄疾患で痛みに苦しむ中、 ロンドン大会で金と銀、リオ大会で銀と銅のメダルを獲得 (引用『安楽死選んだパラ金メダリスト、見送った両親は今 相模原殺傷の植松聖被告が使う「安楽死」は誤り』47NEWS ). 大会後は、残りの人生を家族、友人と楽しみ、苦痛に耐えられなくなった際に安楽死を選ぶという
今回は、とある記事を紹介します
次第に足の自由が効かなくなり、けいれんや痛みが始まった 2019年10月ににより死去
「マリーケは、安楽死という選択肢を得たことで、人生のすべての瞬間を最後まで自分らしく楽しむことができた 世界中を旅して回り、これまでの人生を語って聞かせ、聴衆に感銘を与えた
ちょっぴり誇らしげにオデットが教えてくれた 彼女は、筋力が衰える進行性の脊髄(せきずい)の病気を抱えている
今日、世界の医療現場では、治療法がなく目の前で耐え難い苦しみを持つ患者をそっと逝かせることは、日常茶飯事のように行われているという 「この医師との出逢いがなければ、激痛に耐えかねて、とっくに自殺していたと思う」とマリーケは語る
そうした大会の最中、ある車いす陸上選手が記者会見で話した言葉に注目が集まった 医師や病院を駆けずりまわっても、病名も原因もわからぬまま「心の病」とさえ言われて、民間療法や厄よけにすがった時期もあったのだという
それが「本人や家族を楽にしてあげるために殺すべきだ」というようなニュアンスに解釈されそうで、不安がよぎる 絶叫してのたうちまわるようになると、もはや隠すことはできなくなった
38
医師の都合で「その日」が決まらずイラついていた夏には、突然、ランボルギーニに乗るイベントを計画してはしゃいだ マリーケは力を込めて、そう話した
脊髄疾患で痛みに苦しむ中、 ロンドン大会で金と銀、リオ大会で銀と銅のメダルを獲得 車いす陸上選手になって、初めて世界の頂点に立つ
やはりメディアは「 感動ポルノ」としてパラリピアンを使ったのだ しかし、どんな勘違いをメディアはしてしまったのか、 いかにも緊迫しているかのような表現を今回使ってしまった
この言葉は、本来、慎重に議論されるべきものだ ベルギーでは、安楽死は合法的に許可されており、 一部報道によると、「安楽死を行う3人の医師とともに 葬儀まで準備している」との報道まで出ています
すると、サインしていたマリーケの顔が急に険しくなって、その目がディステルマンス医師を探し求めた 前日まで、異なる鎮痛剤を試すための入院が長引いていたマリーケは、かなりしんどそうな面持ちでこの晴れの場に臨んだ
77