麻雀 符 計算。 符計算

順番に解説していきますが「基本的には難しい方が符が高くなる」というのが原則です。

「符があがる(はねる)」はよく使われる表現です。

牌の種類は、么九牌(一九字牌、平たく言うと国士無双に使われる牌ですね)と中張牌(2~8の牌)によって分かれます。

4符から始まる幺九牌(ヤオチューハイ) 幺九牌(ヤオチューハイ)は、数牌の1と9牌のことを指します。

これは と同じ牌を3つ集めるコーツの方が難しいです。

アプリで繰り返し実践練習、答え合わせ 麻雀アプリ『四人麻雀 FREE』は、オフライン機能でシンプルなゲームが楽しめるアプリです。

この配牌から九蓮宝燈をあがるなんてすごすぎだね。

52

なので表の一番下の段を見ます。

これはそのまま覚えて下さい。

その4 手牌構成の難しさに応じて点数が加算 符とは、「手牌構成の難しさに応じて点数が加算されていく仕組み」の事を言います。

つまり、あがった場合には必ず20符からスタートします。

ここまで覚えれば、30符(60%)+40符(26%)で全体の8割以上カバーしたことになります。

これらによる 加符点を 門前加符(メンゼンカフ) と ツモ符(ツモフ)と言います。

51