進撃の巨人 126話 ネタバレ。 ベストエピソード集『進撃の巨人』126話!考察!世界を救うため調査兵団集結!アニもライアーもマーレ組も合流し対エレンへ動き出す!

ベルトルトから奪った力を存分に振る舞ってみせた。 が、キースが巨人を討伐していく。 これしかねえ!って感じだ。 彼はマーレ政府はタイバー家の権限下にあるということも明かします。 そして鳥はもちろんファルコ。 「巨人の歯磨き手伝って欲しいな」 戸惑うファルコとの間に微妙な空気が流れます。 アルミンが捕まったことに戸惑う一行。 それは今まで敵わないと思われていた巨人の力に手が届くまで科学技術が発達した証であり、負けたとはいえ人類の化学技術の発展をその他の国も喜ぶのです。 オニャンコポンは無事 諫山創「進撃の巨人」135話より引用 不時着したオニャンコポンはアニの父たちに救出されていました。 襲われそうになったカヤのもとに現れたのはガビ。
16
継承者は力を継いでから13年で寿命を迎え、力を継承しないまま死んだ場合はそれ以降に生まれたユミルの民の赤ん坊に突発的に受け継がれます。 まず大事なのはやはりアルミンの解放ですが、アニが来てくれたのでやはり彼女を絡めての展開に期待したいですね。 。 虐殺を止めることができるのは、今しか無いと言うハンジに、ジャンは死んでいった仲間達を思い出しながら答えます。 リヴァイとハンジに何か裏があるのではと警戒するマガトですが、あのリヴァイが撃たれても避けられないようなケガであることを見て、ハンジをリヴァイが捨て身の覚悟でこの場にいることを察します。 アニは言います。 絶望はもちろんですが、ハンジ不在を感じて胸が痛くなりましたよね。 アズマビト家の飛行艇を使い、始祖の巨人に近づこうと言うのです。
72