多摩 マンホール 事件。 平成の怪事件 なぜ?一体誰が? マンホールから遺体が発見 多摩保母マンホール事件現場

36
貯金は引き出された形跡はない 750万円の通帳がない 被害者の八木橋さんの自宅からは、 750万円の預金通帳が消えていました
ではその際カラーコーンなどで工事のような カモフラージュをしていたのか ・普段、一般の人はマンホールに注目したりしません
! 【多摩保母殺人マンホール死体】 ひとつのマンホールから、汚水が噴き出ている しかし、それには遺体を運搬する手段が必要
「八木橋さんがいつも持ち歩いていた巾着がどこにも見当たらなくなった 駆けつけた警視庁多摩中央署の捜査員が見ると、それは女性の遺体だった
そして、そのことで男性と何らかのトラブルになってしまったのではないでしょうか なので200m先のマンホールに遺体遺棄現場をしたのか
ミステリーが多いのがこの事件の特徴です 平成8年2月28日、八木橋さんは無断欠勤した
net 遺体を他人のDNAで汚染させるために汚水マンホールに捨てたというのは 事件があった当時DNA鑑定に知識がある一般人は少ないと思うからそれはないと思う 雨水マンホールに捨てると遺体が川まで流されて発覚しやすいという書き込みがあったから やはり死体ができるだけ見つからないように流されにくく臭いもごまかせそうな汚水マンホールに捨てたのではないか 実際はがれた肉片が詰まって発見されるまで1年間近くかかっているし うまく死体が腐敗して肉片や小さな骨が流されていけば更に発覚は遅れただろうし 252 KB 名前: E-mail 省略可 :. 現場は東京都多摩市貝取1丁目65番地 マンホール内(スーパーマーケットの駐車場に面した道路のマンホール)です 被害者の八木橋富貴子は保母 被害者の八木橋富貴子さんは青森県出身です
1991年分の日記帳が見当たらず あるいは遺棄する事が犯人にとって都合が良かったのか
警察はこの人物が事件の犯人と見て、1997年2月10日に勤務先に近い府中市内で任意同行を求めて、事情聴取を始めました あるいは、事件そのものを無くしてしまう為
無遅刻無欠勤のまじめな勤務態度だったという 不可解な話である