西郷 どん。 『西郷どん』最終回は涙なしでは見られない神回!大迫力の戦闘シーンも圧巻

西南戦争の開戦直後、病に倒れ京都の邸宅で妻・に看取られながら世を去る。 生涯西郷家を支え、西郷隆盛の墓の文字は雪篷が書いた。 2008年 開く• 放送開始当初から「薩摩ことば」にこだわった脚本が話題になり、西郷役の鈴木、大久保利通役の瑛太(36)らキャストの熱演が視聴者を魅了。 西郷吉之助(さいごう きちのすけ) / 隆盛(たかもり) … 鈴木亮平(すずき りょうへい) 【大河ドラマ初出演】 薩摩の下級武士の家に生まれた貧乏な大家族の長男。 元々は薩摩藩の下級の長男だったが藩主の島津斉彬の目にとまり抜擢された、しかし島津斉彬の死後は蔑ろにされ何度か流罪にされたが「禁門の変」以降には活躍する事となる、の成立やを成功させ、を主導したのは有名な話である。 西郷の人柄に惚れて、吹きさらしの牢獄で衰弱していく西郷を助けようと奮闘する。 総攻撃を待つばかりになり、死を覚悟した西郷は、ついにこの戦いの意義を生徒らに説く。 西郷が斉彬に影響を受けていることを示す、これほど明快な設定や表現方法はないのではないか。 黎明館学芸課主事 小野 恭一• 吉之助は菊太郎と名づけようとするが、龍佐民(柄本明)は、いつか薩摩に戻る吉之助の子供は菊次郎とすべきと説得する。
98

その莫大な財産が必要だったからではないか。

維新後はとなり、東京の新政府と未だに殿様気分の抜けない島津久光との間で苦労している。

長州藩の中心人物となり新撰組にも命を狙われるが、過激な挙兵へと気運高まる長州藩において慎重な態度をとる。

頑強に抵抗する薩摩軍を撃破、戦いの流れを決める。

「天を 敬(うやま)い、人を愛する」という。

さらにそのあとチョンマゲはザンギリ頭になり、洋装の明治時代がやってきます。

史実と違い過ぎるという。

(やなぎわら さきみつ) 演: 勅使。

(とくがわ いえさだ) 演: 第13代。

34