藤井 聡太 次回 対局。 週間対局予定|対局予定・結果、記録|日本将棋連盟

七冠独占、永世七冠などの大記録をいくつも保持する将棋界のスーパーレジェンドだ。 • ・5月28日から行われている の評価値速報 66手目まで を更新。 ・5月28日から行われている の評価値速報 50手目まで を更新。 封じ手は藤井ではなく木村だった。 • 3つ目のタイトル挑戦に向けて、一歩前進できるか。 この対局を放送していたABEMAで、朝から出演していたのが解説の高見泰地七段(27)と聞き手の飯野愛女流初段(34)。 ・5月28日から行われている の評価値速報 61手目まで を更新。 ・5月19日から行われている の評価値速報 58手目まで を更新。 • 長い中盤を経由してから、相手の飛車・角へのプレッシャーを強めて攻撃力を低下させることに成功。 • ・ を更新。
• ・5月28日から行われている の評価値速報 80手目まで を更新 • ・ を更新
• 史上最年少タイトルまであと1勝としました 順位戦での成績も39勝1敗、勝率. 各棋戦で大活躍の藤井王位・棋聖だが、叡王戦では意外にも本戦には過去2回出場し、いずれも初戦敗退
会見で筆者が藤井に「3九馬と指されたとき、金を守っておいたほうがいいと思わなかったですか?」と訊くと「直前の4五桂から、急所を外してしまったので……(以下、聴取できず)」 • ・5月31日に行われる の最新記事を更新
• 相手は加藤一二三 ・5月19日から行われている の評価値速報 106手目まで を更新
• 上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む ・本日行われている の評価値速報 35手目まで を更新
長時間対局では、これまで早い段階から長考が多かったが、本局の序盤では研究の範囲内なのかかなりスピーディな指し手が目立っている • 個人、団体含め、過去3回の超早指し棋戦で「優勝しかしていない」天才が、ついに本領を発揮した
• 残り1チームは、指名漏れした棋士がトーナメントを実施、上位3人が15チーム目を結成した • ・5月19日から行われた の最新記事を更新