プリウス 新型 2021。 【トヨタ新型プリウス/PHV】259.7万円から!「ブラックエディション設定!」2021年6月3日改良日本発売!50系最新情報、燃費、価格は?

トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。

5リッターガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを積み、前輪を駆動。

新世代プラットフォーム「TNGA(Toyota New Global Architecture)」を採用• また、初代プリウスから続くセンタースクリーン・インターフェースを採用。

トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。

インテリアでは、電動で調整が可能なシート(シートヒーター付き)を前席に標準装備しているほか、ハンドルヒーターやセンターコンソール(セミグロスブラック)など装備も充実しています。

注目のパワートレインだが、1. 「 プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」をトヨタ初採用。

マイカーSecurity[アラーム通知/車両の位置追跡・警備員の派遣/エンジン始動通知/カーファインダー(停車位置確認)/うっかり通知/リモート確認] 車両盗難・車上荒らしなどがあった時や、ドアロックの閉め忘れなどがあった時、さらに自車の位置を確認したい時、メールやスマートフォンを通じて適切な対応が行えます。

また、未来的なデザインのインテリアもセールスポイントとなり、次期モデルでは一層の若返りを果たすという。 エージェント(先読み情報案内サービス)行き先を予測して役立つ情報を教えてくれる。 T-Connect SDナビゲーションシステムとDCMが装備され初年度無料クルマ見守り、マップオンデマンド、エージェント、オペレーターサービスが可能。 ファミリカーではなくスポーティクーペのような佇まいを目指しているという。 プリウスPHVは独自のデザインによりベースモデルと差別化され、海外では「プリウス・プライム」の名称で販売されています。 衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。 その他、新型プリウスではアクセサリーコンセントが標準装備され、家電などの利用にも対応します。 ナイトシェードエディションとは、トヨタが北米市場で販売する「アバロン」「タコマ」「タンドラ」などに設定されています。 最新システム!トヨタ新型プリウスの安全装備は? トヨタ新型プリウスの安全装備には、最新の「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が全車標準装備されます。 ソナーはコンビニなどのガラスもしっかり検知。
72
今回のフルモデルチェンジで、 逆に全高は-55mmほど全高が低くなるそう。 ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。 E-Fourは、リア駆動用のバッテリーやモーターをコンパクトにまとめ搭載するシステム。 リヤクロストラフィックアラート(RCTA) 後退時の死角を検知し、 注意を喚起。 (前期は「Aプレミアム」「Aプレミアム ツーリングセレクション」「A」「A ツーリングセレクション」のみ標準搭載。 プリウスのようなCセグメントカー向けの新型エンジンはどうやら開発が滞ってる模様。 初代はキャッチコピーに「21世紀に間に合いました。
71