杉本 真人 吾亦紅。 すぎもとまさと 忍冬 歌詞&動画視聴

「」「」(作曲)• 「愛」 作曲• 「」「つれづれ恋人」(作曲)• 「男酔い」(作曲)• 同年付の総合チャートで登場34週目にして7位を記録し、初のTOP10入りを果たした。 「 吾亦紅」 の 初出アルバム『『Bar Starlight』』 「ハートブレイク・ダンディー」 「Bar スターライト」 リリース 2007年(カセットテープ) () ちあき哲也、杉本真人• 「母」(作曲)• 「トーキョー・トワイライト」「星空のトーキョー」「Tokyoに雪が降る」「冬のひまわり」(作曲)• 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 昨日の夢を追いかけて 交番を曲がれば角の駄菓子屋の ふともの思う横顔や 二年くらしたアパートを夜に 近頃めっきり酒も弱くなり 酔ったふりしてあんたが言った つらい気持ちは同じだよ 今夜はデートでしょ こんな夜がいつかは来ると あれから何年過ぎたでしょうか 太陽と一緒にめざめた一日は 大阪生まれがあんたの誇り OSAKA RAINY BLUE 笑い方が下手な私 海にひとりで来るたびに 日曜日の河川敷白い雲にのって あなたのために着たかすり 帰りの道を忘れるくらい そして今年も並んだ街の カナカナカナカナ蜩がおまえの あなたに出逢ってこの胸の やっと酒場が終わって 言葉のいらない国へ 古い糸巻に色とりどりの毛糸 あと何年俺は生き残れる くぬぎ細工の恵比寿さん クリフサイドのリリーが 寒い空を星は逃げ あたしグロリア底無しグロリア 頭がクラクラして来て 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 女がひとり手酌で呑んで 明日の朝にはあんたは船に いくつかの盆が過ぎ あたしの誕生日は真冬だから 涕くのはお止しよ涕かないで 十五は胸を患って咳きこむ 旅に出るように突然あっちへ さよならの受話器置いた 桜を見るのは今年が最後 昔行ったことがあるような ビルの谷間の三日月に たまにジョークも言うけれど 今すぐ逢いに来いよ星から そうだよ僕にとっては 忍ばず通りの安アパート 僕の町へ遊びにおいでよ 今夜の夜汽車で遠くへ行くわ あの頃よく晴れた日には 紙風船ふくらませ 今でも女が言い寄るとか 別れ話のいきさつは 今更何を嘆いてるのさ 路面電車が走る街の ジャズの音色がふいにとぎれて 飢えた狼みたいな だっていつかこじれて 小肌を切って熱燗二合 純愛がぶつかれば あたしが男を知ったのは 馬鹿みたいだよね涙みせるのは 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 好きだったぶたれても 十年ぶりに降りた駅 鳴かず飛ばずの人生もいいこと てるてるぼうずを君は窓に 軽口たたいて笑って泣いて 臆病なふりをして愛されてた あの人この人あの顔この顔 何故かしらこの胸はざわめく ため息もなみだも呑みこんで ドスコイダンシング いいの何も言わないで 上手に口説いてくれたなら 僕の大事な姉さん そこにあるから追いかけて 夜空に花の満開を その夜も母は眠い眼をこすり 横濱のもへじがこの店に リクライニングシートが やっと忘れかけた頃に ありふれた夜のありふれた ここでなくてはいけないなんて 東の国から風に乗り あなたは売れない小説を 淋しくはないか真紅浜昼顔 VIVA LA VIDA VIVA LA VIDA どうしてそんなに泣くんだい もしオレが死んでも あなたの真似してお湯割りの 吹雪の向こうの赤ちょうちん あんたにもらった あなたを想って一日が終わるの 惚れ神に会ったよ なぐさめなんかはほしくない 太陽は頭の上にあるんです 御堂筋線でミナミヘ向かえば あの頃はもてたわね青春の 爪まで切ってくれる男は 身勝ってな自由求め 呆れるほど長く友達で 夕暮れ木枯し裏通り あの子のことはもういいよ 夜中過ぎに鳴り響く 白い粉雪野山を隠し まだ俺ががきの頃 桜の花びら散る道を 馬鹿でなければ踊れない Route sixty seven Star 酔いどれて靴をぬぎ お祭りさわぎが終わったら 振り向けばはるかな道を マッチを擦ればおろしが吹いて. マッチを擦れば おろしが吹いて 線香がやけに つき難 にく い さらさら揺れる 吾亦紅 ふと あなたの 吐息のようで… 盆の休みに 帰れなかった 俺の杜撰 ずさん さ 嘆いているか あなたに あなたに 謝りたくて 仕事に名を借りた ご無沙汰 あなたに あなたに 謝りたくて 山裾の秋 ひとり逢いに来た ただ あなたに 謝りたくて 小さな町に 嫁いで生きて ここしか知らない 人だった… それでも母を 生き切った 俺、あなたが 羨ましいよ… 今はいとこが 住んでる家に 昔みたいに 灯りがともる あなたは あなたは 家族も遠く 気強く寂しさを 堪えた あなたの あなたの 見せない疵 きず が 身に沁みて行く やっと手が届く ばか野郎と なじってくれよ 親のことなど 気遣う暇に 後で恥じない 自分を生きろ あなたの あなたの 形見の言葉 守れた試しさえ ないけど あなたに あなたに 威張ってみたい 来月で俺 離婚するんだよ そう、はじめて 自分を生きる あなたに あなたに 見ていて欲しい 髪に白髪が 混じり始めても 俺、死ぬまで あなたの子供…. 「二人はmagic」(作曲)• 「センチメンタルPUB」(作曲)• 「つぐみ」(作曲)• 「花の芸能界」(作曲)• 2010年にようやくリリースされた。 ()審査委員長• 「」「」「」「」「」「」(作曲)• 「秘すれば恋」(作曲)• 「夜霧の出来事」「風暦」「」「」(作曲、一部が響わたる名義)• 「晩夏」(作曲)• 収録曲 [ ] 全作曲:• 収録曲や品番に違いはない。 「恋は天下のまわりもの」「転がる石」「湯の花KOUTA」 作曲• 「冬の桑港」(作曲)• 石神井公園 吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:上田力• この項目では、すぎもとまさとの楽曲について説明しています。 アパートの鍵(2013年1月16日) アルバム [ ]• お母様を亡くされた方がたの心に、たくさんの「吾亦紅」の花が咲き競いますように……。 この節のが望まれています。 黄色い船に乗って 吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:上田力• 「虹」(作曲) は行 [ ]• 夕暮れ・木枯し・裏通り 作詞:吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:惣領泰則• オリジナル盤はすぎもとの写真が使われているジャケットでメロ譜のないものだったが、後に発売されたものは風景写真に差し替えメロ譜が付けられている。 「東京娘」「おじさんルンバ」(作曲)• 「今ひとたびの~Vaya Con Dios~」「風雪夫婦花」(作曲)• 「グラスに愛をこめて」(作曲)• 母を亡くし、失意の日に沈むすぎもとまさと氏に送られた詞から生まれたこの楽曲。 登場回数102回(オリコン) シングル 年表 かもめの街 () 吾亦紅 () 曙橋〜路地裏の少年〜 () 目次• 「TOKYO異邦人」「片隅のシネマ」(作曲)• 「 すぎもとまさと」はこの項目へされています。
8

「宇治川哀歌」(作曲)• 「」(作曲)• 2008年1月度月間1位(オリコン、総合チャート)• 「村祭りの前に」「男のやせがまん」「流浪人-さすらいびと-」(作曲)• かすりの着物 杉本真人/作曲:杉本真人/編曲:上田力• この項目は、に関連した です。

黒い雪 作詞:吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:惣領泰則• 「雨降り花」「彷徨人」「ほおずき」「青春ばんから」「北海峡」「逢いたかったよ」(作曲)• 母 吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:上田力• 作詞家のちあき哲也氏は「本来、この歌はおそらく世に出て行く種類の歌ではありませんでした」と語る。

ふきだまりの街 吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:上田力• 1977年 - 「テーマ」(作曲) テレビ出演 [ ]• 杉本眞人おもいやりモーニング テレビ信州 脚注 [ ]• 杉本は「『 吾亦紅』を眼を開けて歌うと客が泣いているのが見えて俺も泣けてくるので常に眼を閉じて歌っている」と述べている。

現代病カルテ 作詞:吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:惣領泰則• 正月の一日 作詞:吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:惣領泰則• に所属している野球選手については「」をご覧ください。

銀座のトンビ(2011年10月20日)• 「きっとしあわせ」(作曲)• ジプシー・ウーマン 作詞:吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:惣領泰則• 作詞家のちあき哲也氏は「本来、この歌はおそらく世に出て行く種類の歌ではありませんでした」と語る。

五木ひろしwith「ふたりで竜馬をやろうじゃないか」(作曲)• 「」「」「」(作詞・作曲)• 「」(作曲)• 「」(作曲)• てるてるぼうず 吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:上田力• 「もう一度恋をしながら」(作曲)• マッチを擦れば おろしが吹いて 線香がやけに つき難 にく い さらさら揺れる 吾亦紅 ふと あなたの 吐息のようで. ふたりで竜馬をやろうじゃないか(ルービー・ブラザーズ、とのユニット、2008年7月23日)• 「男の火祭り」(作曲) た行 [ ]• 外部リンク [ ]• あすふぁると 1975年• ものもらい• 遠路遥々(1976年)• 主な楽曲 [ ]• M氏への便り 吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:上田力• マニラの夕陽• しかしながら、・で話題となり、同3月開催のミニライブでは曲を聴いた観客が号泣、徐々に人気を博していった。

東高円寺 吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:上田力• プラチナ() チャート最高順位• 「優しい嘘をください」「醜聞 スキャンダル は夜作られる」「貯金の好きな女」「紅い月のアモーレ」(作曲) テレビ劇中歌など [ ]• 渡哲也・「ラストシーンは見たくない」(作曲)• 「」(作曲)• Bar スターライト[デュエット:] (作詞:、編曲:)• 遠路遙々 作詞:吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:惣領泰則• 関連項目 [ ]• 東の国から 作詞:吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:惣領泰則• 2007年2月21日に発売。

「気になるあいつ」(作曲)• ・「魅惑のドレス」(作曲)• 「冬桜」「都忘れ」「柚子」(作曲)• 2007年度年間95位(オリコン、総合チャート)• 「ドスコイ・ダンシング」(作詞・作曲) 小錦が現役時代にリリースする予定だった幻の楽曲。

2008年3月10日、の「」()に生出演し、に楽曲提供した「」 を熱唱した。

ハートブレイク・ダンディー (作詞:、編曲:すぎもとバンド)• ちあきの詞に杉本が曲を付けて自ら歌っている。

吾亦紅 (作詞:、編曲:すぎもとバンド)• 雪枕 吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:上田力• 大のファン 特に、が現役で活躍していた頃から で知られ、2008年4月24日の 対戦・ にゲスト出演した。

「かもめの街」「空に刺さった三日月」(作曲)• 30のバラード(1980年1月)• 2008年度上半期6位(オリコン、総合チャート)• ちあきなおみの歌手活動最後の曲。

「お返事下さい」(作曲)• で放送中のに審査委員長としてレギュラー出演。

Only You 1994年• 「東高円寺」(作曲)• 「カトレア」(作曲)• 君は友に抱かれて• 純喫茶〜懐かしい場面〜(2010年8月25日)• 気ままな小部屋 作詞:吉田健美/作曲:杉本真人/編曲:惣領泰則• 「虹のむこうに鐘が鳴る」「八月のクリスマス」(作曲)• これをきっかけに、すぎもとの歌手・作曲家としての認知を広げた曲。

34