進撃 の 巨人 31 巻 ネタバレ。 [ネタバレあり] 一昨日の友が昨日の敵で今日は友「進撃の巨人 31巻」感想

24
しかし、始祖ユミルの過去の記憶が明らかになり、エレンが始祖ユミルの本当の願いを叶えることで始祖の力を手に入れ発動します。 この情報は記事作成時のものです。 周囲の仲間たちがそれぞれ自身で考え行動し、そして自分の立ち位置を決めようとしている中、ミカサは最後まで迷います。 ジークは初代王の思想に染まらないままここに辿り着き、『不戦の契り』を無効化することに成功していたのでした。 これまでに出てきたメインキャラクターたちが一同に集結し、 間も無く訪れる最終結末の方向性が見える話となりました。
65
夢の中でミカサは、エレンと二人で山奥の小屋で暮らしていました そんな中、結晶の中の女性は目を開け、エレン巨人を睨みます
彼はこれまでの計画のことなど知らず、エレンから始祖が奪われるのを防いでほしいとお願いします 進撃の巨人【第31巻】最新刊の感想 エレンの考えが改めて明確になる話があり、ストーリー終盤の重要曲面を迎えています
場面は変わり、飛行船を追いかけるガビを止めるファルコ 口から入ったミカサは始祖と繋がるエレンを発見します
とりあえず コニーは突如主人公っぽくなって めっちゃ立ってる気がするので全力で叩き折りに行ってほしい 結局が最後まで自分を追いかけて終わってしまったので、すごく やるせない気持ちになったと思われます
エレンは巨人が街を襲撃し、母親を殺された時から、ずっとなぜ大勢の人が食い殺されたのか考えていました ピークやガビ、ファルコは家族を見つけ、抱き合います